• 出版・メディア活動
    •   2017-06-20  「さいたまヨーロッパ野菜研究会」(さいたま市)が注目です。

      https://saiyoroken.jimdo.com/

      国内では手に入りにくかった野菜を50 種類も栽培し飲食店に供給。
      本場でイ タリア料理やフランス料理を学んだシェフたちか ら、
      本格的な料理が地元で採れた新鮮野菜で作れると好評を博しています。

      ラジオで紹介。ジャパンFMネットワーク全国32局。http://www.jfn.jp/
      レギュラーのパーソナリティをしています。  
      毎週金曜日(5:30~6:00)お届けしています。

      6月23日、30日(金)5:30〜6:00の2週にわたって、ゲストに
      「さいたまヨーロッ パ野菜研究会」会長・北康信さんをお招きしました。

      北さんは市内でイ タリアンレストラン4店舗を経営。
      一般社団法人 日本ソムリエ協会理事。
      http://north.co.jp/company

      さいたま市では、若手農家、レストラン、食品流通、種苗会社が
      あらたなコレボレーションを行い、それを市が支援。農家栽培の
      少量多品目の新鮮野菜が個別の意飲食店に配達される仕組みを構築。

      2013年発足した地域連携事業。今では、1000軒の飲食店で
      野菜が使われ、経済効果は7億円。新しい野菜の流通を切り開いたと
      大きな話題となっています。

      ジャパンFMネットワーク 全国32局。http://www.jfn.jp/  
      毎週金曜日(5:30~6:00)お届けしています。

      [ネット局]http://www.jfn.jp 
      FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、FM仙台、FM福島、FM新潟、
      FM群馬、FM栃木、 K−MIX(静岡)、FM長野、FM富山、M石川、
      FM福井、FM岐阜、FM三重、 FM滋賀、KISS―FM(兵庫)、
      FM岡山、FM山陰、広島FM、FM山口、FM香川 FM徳島、FM高知、
      FM佐賀、FM長崎、FM熊本、FM大分、FM宮崎、FM鹿児島、FM沖縄、
      など32局予定   ※東京エリアでのOAはありません。
      なお、東京首都圏でも、スマートフォンで全国放送の同時間帯に32局のどこか
      に合せていただければ、同時間帯にリアルタイムで聴くことができます。
      (全国のFMが地域制限なしで聴けるアプリがあります)
      ⇒ 「radiko.jp」、 docomoの 「ドコデモFM」 auの「LISMO WAVE」などです。

      「さいたまヨーロッパ野菜研究会」は、
      「地方行政」時事通信(7月10日号)でも特集されます。
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=771&a=1

      総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php
      ■絶賛発売中!「地方創生」のテキストとして読まれています。
      『田舎力〜ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』(NHK出版生活人新書)
      http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140882972/kanamaru2007-22/ref=nosim/
      上野千鶴子氏、小山薫堂氏推薦!有川浩さんの小説『県庁おもてなし課』、
      「毎日新聞」社説、「月刊ガバナンス」他65媒体で紹介。15刷り。