• イベント活動
    •   2018-03-02  内閣府「地方創生カレッジ」で「食のテキスト化とワークショップ」が番組となりました
      内閣府「地方創生カレッジ」で、これまで各地で試みてきた
      「食のテキスト化とワークショップ」が番組となりました。
      活動してきたことが大きな形となりました。
      登録すれば無料で受講できます。

      「地域資源を生かす幸せな田舎の作り方〜小さな経済の地域力・田舎力〜」
      https://chihousousei-college.jp/e-learning/basic/industrialization/127.html

      このコース(講座)は、自治体、地域づくり団体関係者など食を通じた
      地域の活性化に興味のある方を対象にしたものです。
      本コース(講座)では、食のテキスト化によるブランド事業、プロモーション、
      食のワークショップによる食のレシピ化、食育、食による地域づくりについて
      とりあげています。具体例も多く登場します。

      第1章
      高知県中土佐町「大野見エコロジーファーマーズ」
      高知県農業創造人材育成事業
      大分県竹田市「サフラン」のテキスト化とワークショップ
      など。

      2章
      茨城県常陸太田市「常陸秋そば」
      岐阜県高山市「宿儺かぼちゃ」
      秋田県能代市「能代のネギ」など。

      3章
      個性を育む「味覚の授業」
      大学での体験授業「牧場の料理会」
      フランスでのワークショップ
      茨城県小美玉市での食のワークショップ
      兵庫県豊岡市「コウノトリ育む米」など。

      4章
      農村観光とアグリツーリズモ
      スローフードとプロモーション事業
      イタリアの寮専門学校ICEF

      食のテキスト化とワークショップのベースなった本はロングセラーとなりました。
      『田舎力〜ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』(NHK出版生活人新書)
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=158&a=1
      上野千鶴子氏、小山薫堂氏推薦!有川浩さんの小説『県庁おもてなし課』、
      「毎日新聞」社説、「月刊ガバナンス」他65媒体で紹介。15刷り。

      総務省地域力創造アドバイザー・内閣官房地域活性化伝道師
      金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)
      ◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■絶賛発売中 !
      『田舎の力が 未来をつくる!: 
      ヒト・カネ・コトが持続するローカルからの変革』
      金丸弘美 (著)  合同出版
      http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=204&a=1
      「週刊東洋経済」「月刊ガバナンス」「毎日フォーラム」
      「信用金庫」「地域づくり」「日本農業新聞」ほか37メディアで紹介。

      3月3日(土)八重洲ブックセンターでトークショー開催。
      ゲスト:上野千鶴子先生(社会学者・東京大学名誉教授)
      http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/13579/